熊本の経営事項審査と建設業許可なら行政書士事務所WITHNESS。関与先・実績多数の経営事項審査申請。

HOME » その他 » 建設業における電子商取引「CI-NET」

建設業における電子商取引「CI-NET」

建設業における電子商取引「CI-NET」

CI-NET(Construction Industry NETwork)とは、建設産業全体の生産性向上を図るため、建設生産に関わる様々な企業間の情報をネットワークを利用して交換するための仕組みのことです。

見積もり、注文、請求、決済と様々な段階で帳票のやり取りが行われています。そのやり取りを電子化(データ化)しようという仕組みであり、CI-NETはこれらを電子的に交換するための標準として作られたのです。

各企業はCI-NETに対応したシステムを導入することによって、様々な取引先と電子商取引ができるようになります。

CI-NET導入フローチャート

  1. 企業識別コードの取得
  2. 電子証明書の取得
  3. 協定書の交換
  4. 運用マニュアルの取り決め

CI-NET導入のメリット

  • 生産性の向上
     取引先と瞬時に見積書や契約書の交換ができます。
  • 印紙税負担の軽減
     注文書への印紙の貼付が不要です。
  • 電子データを使いこなせる
     見積書データを利用して注文書を作成できます。データであるため紙を節約できるだけでなく、保管スペースの節約にもなります。
  • 法令遵守
     煩雑な契約処理にも対応できるようになり、書類の紛失ということがなくなります。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。
  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

お問い合わせはこちら

事務所・プロフィール写真

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人
所在地 熊本県熊本市中央区新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000
FAX 096-283-6001
E-mail info@kumamoto-keisin.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab